読むロジョン / スローガン10

meditation まいにちメディテーション マインドフルネス メディテーション ロジョン 瞑想 Apr 12, 2022
読むロジョン / スローガン10

Slogan 10
Begin the sequence of sending and taking with yourself.
送ることと受け取ることの連続を自分と始めよう


 相対的なボーディチッタ(周りの人たち、動物たちへ向ける思いやりの心)を鍛えるポイント2の最後のスローガンがこのスローガン10です。今回のスローガンもとてもダイレクトなインストラクションで、Sending and Taking すなわちトンレンを行い続けなさいというものです。

 イライラ、不安、焦燥感、疑念などなど、なんでも痛みを感じるものがあれば、全て自分で取り込んで、そうしたもの以外の心地の良さや、満足や、happyな気持ちなんでも、喜ばしいものは全部手放すこと常とするようにしなさいということです。個人的な問題や個人的な喜びをしっかり感じ取って、それを活用していくことで、周りの人や動物たちの痛み、苦しみ、幸福や喜びを理解していくためのスローガンです。

 要は、職場でも家庭でも趣味の仲間でも、そして一人でいる時でも、何か心が揺れ動いたら、まず自分が苦るしいものを引き受けて、苦しいもの以外は全部手放して、捕まえておかないようにします。

 自分が心地よくなるものや、楽しいと感じるものがあったら、それを執着せずに手放していきます。これは、心の一つの癖である、情熱(執着)を捨て去る練習をしているのです。

 自分というテリトリーを作って、そこに自分の大切なもの、良いものを取り込んで、取っておきたいというエゴ(自我)の基本的なシステムと真逆のパターンを繰り返すことで、エゴのいつもの癖を減退させて言います。

 自分がテリトリーや、何か大切なものだと思い込んでいる時、エゴが非常に効率的に作用して、しっかりクッキリ自己中心的になっています。このスローガンは、「私」を含め何かにしがみ付いているときは、全て手放しなさいと言っているわけです。

 自分が望ましくないものを招き入れるのは、恐怖を感じる時もあります。トンレンを行うことは、とてもとても勇気がいることです。自分よりも他者を優先する心を培うことはとても気高いものです。伝統的にはこうした心のパターン、癖を持っている人、またはそれを持てるように訓練している人を勇者と呼びます。
 
 まずは見習い勇者から始めてみましょう!