Mindfulness for Sleep

オンラインで手軽に睡眠の質を改善しませんか?

マインドフルネス瞑想は、睡眠の質の改善に非常に効果的です。マインドフルネスを効果的に活用することで、ストレスフルな生活から抜け出し、しっかりと休息ができる心にリストアしていきます。
このMindfulness for Sleepプログラムでは、ブレインスリープ®が提供する睡眠偏差値化サービス「睡眠偏差値®(supported by NTT東日本)」により睡眠改善の効果検証を行いながら、マインドフルネス・メディテーションを活用して睡眠の質を改善していきます

True Nature Meditation2つの睡眠改善プログラム

True Nature Meditationでは、睡眠改善として下記のプログラムをご用意しております。どちらのクラスを選択されましてもマインドフルネス瞑想を実践することができますので、初めての方も是非一度お試しください。

睡眠知識を学び、自らの睡眠の質を知りたい方

Workshop for Sleep

「睡眠偏差値®」が実体験できる睡眠ワークショップ
「睡眠の質を上げるマインドフルネス瞑想」

睡眠ワークショップのお申し込みはこちら

睡眠の質を安定させたい方

Sleep 30

瞑想を睡眠前の習慣にするためのレギュラークラス
毎週日曜 夜21:30~22:00(ONLINE限定)

レギュラークラスのお申し込みはこちら

True Nature Meditationは睡眠に特化した改善プログラムを監修・提供しております

ブレインスリープとNTT東日本が開発した「睡眠偏差値®」における睡眠改善ソリューションとしてTrue Nature Meditationのメディテーションが採用されています。

睡眠偏差値とは

睡眠に関する自覚症状や睡眠習慣を含む幅広い視点で睡眠の主観的評価を定量化する質問群を作成し数値化することで、相対的な睡眠状態を把握することを可能にするシステム

NEWS

スズキ株式会社での実証試験で睡眠偏差値®向上 睡眠改善ソリューションにメディテーションを導入 

トゥルーネイチャー×ブレインスリープ(supported by NTT東日本)

メディテーションプログラム実施前、重度の睡眠課題保有者9名の平均睡眠偏差値は38.5、平均睡眠時間は6時間13分であり、睡眠負債※2が溜まった状態でした。一方、プログラム実施後には平均睡眠偏差値は45.4まで改善、平均睡眠時間も6時間43分となり、睡眠時間を30分増やすことができました。

睡眠負債の程度を測る指標の一つである平日と休日の平均的な睡眠時間の差に関しては、許容範囲内とされる2時間以内の割合がプログラム実施前は44.4%に留まりましたが、実施後は88.8%まで改善されました。その他、生産性・日中の眠気ストレスの各項目で以下の通り実施前後での改善が見られました。
※2 日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼす可能性のある状態

睡眠知識を学び、自らの睡眠の質を知りたい方

Workshop for Sleep

「睡眠偏差値®」が実体験できる睡眠ワークショップ
「睡眠の質を上げるマインドフルネス瞑想」

睡眠ワークショップのお申し込みはこちら

睡眠の質を安定させたい方

Sleep 30

瞑想を睡眠前の習慣にするためのレギュラークラス
毎週日曜 夜21:30~22:00(ONLINE限定)

レギュラークラスのお申し込みはこちら