100-HOUR MINDFULNESS MEDITATION TEACHER TRAINING

Designed by DAVID NICHTERN 

January 14 - April 30

100-HOUR MINDFULNESS MEDITATION TEACHER TRAINING

Designed by 
DAVID NICHTERN 

January 14
- April 30

早割キャンペーン実施中
12/15まで30000円OFF!

申込はこちら

ただのメディテーション・ティーチャー・トレーニングではありません

このマインドフルネス・メディテーション・ティーチャー・トレーニングは、New Yorkの瞑想学習プラットフォーム、Dhama moonで開発されたマインドフルネス指導者を目指すためのプログラムです。自分自身の瞑想の実践を深め、マインドフルネスを教えるスキルを身につけたい方に最適です。特に、教師、ビジネスリーダー、セラピスト、コーチ、ヨガインストラクター、医療従事者で、既存の様式に瞑想を教えることを統合しようとする人に適しています。

マインドフルネス瞑想の変容的な効果を他の人に体験してもらうために、自信、知識、語彙を身につけるのに役立つトレーニングです。

このプログラムでは、瞑想と仏教哲学の概要を明確に理解することができます。

参加者は

  • 仏教の哲学と実践の基礎を学ぶ
  • 1対1やグループで模擬授業を行い、先生や他の研修生から建設的なフィードバックを受ける。
  • 初学者から最もよく聞かれる質問や問題に対して、明確かつ的確に対応する方法を学ぶ。
  • クラスメートと協力し合える学習コミュニティを構築する。
  • 自分自身の瞑想の練習を強化し安定させることによって、より大きな存在感、バランス、明晰さ、洞察力を身につけることができる。
  • トレーニングの条件をすべて満たし、満足のいく指導を行い、コース教材に関する最終試験または口頭試験に合格した生徒には、プログラム修了証書をお渡しします。

Dharma moonのメディテーション・ティーチャー・トレーニングの受講生は:

世界各地で瞑想のワークショップやクラスを教えるキャリアを積んでいます。
個人や 企業、非営利団体、スポーツチーム、病院、ヨガスタジオ、学校などの定期的な顧客リストを作ることができます。
個人や 企業、非営利団体、スポーツチーム、病院、ヨガスタジオ、学校などの定期的な顧客リストを作ることができます。
マインドフルネスと瞑想の分野におけるリーダーとして、活気あるビジネスとパーソナルブランドを創造します。
自己の顕著な変化を体験し、より地に足の着いた、健全で、オープンハートな存在へと他者を導くことができます。
自己の顕著な変化を体験し、より地に足の着いた、健全で、オープンハートな存在へと他者を導くことができます。
マインドフルネス・トレーニングを社会正義の活動や活動に組み込むことができます。

お申し込み下記よりお選びください。
(定員15名)

100hMMTT

一括払い
250,000
(tax in275,000)

245,000
(12/15 23:59まで)
お申し込みはこちら

100hMMTT

分割払い(10回)
275,000
(tax in¥302,500)
30,250円x10回

お申し込みはこちら
プログラム オリエテーション 11-12月に開催

REQUIREMENT

対象者:
・クラスやワークショップなどでマインドフルネスを教えたい方
・職場や地域社会、社会正義の活動などにマインドフルネスを組み込くことや、広げたい方
・ビジネスでの活用や、自身のために瞑想を深めたい方

開催日時:
全て土日開催、ご自宅よりオンラインでのご参加となります。
レベル1/1月14日-15日
レベル2/2月11日-12日
レベル3/3月11日-12日
レベル4/4月8日-9日
レベル5/4月29日-30日
Practice/ 2月25日・3月25日・4月23日

募集定員:15名

PROGRAM ORIENTATION

 興味がある方、参加希望者は下記いずれかの日程の説明会へご参加ください

12/3(土) 18:30-20:30
12/21(水)13:00-15:00
1/9(月祝)13:00-15:00

 

CERTIFICATION

すべてのトレーニング要件を満たし、満足のいく指導をでき、カバーされた内容に関する最終筆記試験または口頭試験に合格した生徒は、certification (修了証書)が発行されます。

Program & Schedule

レベル1-マインドフルネス入門&瞑想の道
2023年1月14日(土)~1月15日(日)開催

両日とも10:00AM~6:00PM

レベル1は、100時間のティーチャートレーニングとは別に、独立したコースとして受講することができ、基礎となるブッディスト・メディテーションの実践を包括的に紹介する役割を果たします。

レベル1:マインドフルネス入門&瞑想の道へのお申し込みはこちらから。

メディテーションは、単に心を落ち着かせたり、生産性を高めたりするための手段ではありません。人生を変えるような洞察への扉を開き、自分自身、他人、そして周りの世界との深く新しい関わり方へと導くことができるプラクティスなのです。

このマインドフルネス・メディテーション・ティーチャートレーニングの入門レベルは、ブッディスト・メディテーションの基礎となる実践を包括的に紹介するものです。

講義、ディスカッション、ガイド付き練習、分科会、そして体験的な練習を通して、以下のことができるようになります。

  • マインドフルネス・メディテーションの実践の基礎を学びます。
  • ブッディスト・パスと練習の段階の概要を知る。
  • 個人的なメディテーションの実践を発展させ、マインドフルネス実践の直接的かつ親密な理解を得る。
  • マインドフルネス指導者としてふさわしい基盤を作る。

レベル1のトピック
  • マインドフルネスとは何か?その歴史と現在の状況
  • マインドフルネス・メディテーションの指導、哲学、そして実践
  • ソマティック・アウェアネス 瞑想中の姿勢と身体への関わり方
  • マインドフルネスとアウェアネスの違いと両者の連携
  • 偏見や判断なしに、今この瞬間に注意を向けること
  • マインドフルネス瞑想の練習を通して、固定観念や習慣的な傾向を手放す方法を学ぶ
  • 瞑想中の思考、強い感情、感覚的な知覚との関係性に働きかける。
  • 練習で優しさと正確さを培う
  • メッタ/マイトリ/ラビングカインドネス瞑想入門
  • 無常、原因と条件、絶対的・相対的菩提心について
  • 存在の3つの印の検討。無常、苦悩、無我、そしてそれらがどのように私たちの練習に関係しているのか。
  • アウェアネス・メディテーションの紹介
  • スピリチュアルバイパッシングの理解
  • ホット&クールな退屈に対処する
  • ウォーキング・メディテーションの紹介
  • 他のメディテーションの伝統の概要
  • 継続的な学習と実践を促進する

レベル2-ガイディング・グループ
2023年2月11日(土)~2月12日(日)開催

両日とも10:00AM~6:00PM

このレベルでは、仏教の伝統の見方や歴史の探求から、グループでのしっかりとした、まとまったマインドフルネス瞑想の指導方法に重点を置いていきます。

個人のスタイルや表現の余地は常にありますが、このティーチャートレーニングの方法論に基づいて、マインドフルネス練習を提示するための一貫した、まとまりのあるアプローチを重視することになります。

講義、ディスカッション、ガイド付き練習、分科会、そして体験的な練習を通して、以下のことができるようになります。

  • グループでの瞑想のプレゼンテーションのための明確さとコミュニケーションスキルを身につける。
  • 教師の役割について話し合う。
  • マインドフルネス指導を行うための順序、原則、ガイドラインを学びます。
  • マインドフルネス瞑想指導のプレゼンテーションと、初心者のための入門レベルの模擬クラスを指導する練習をします。
  • ヨガクラス、学校、企業、病院、コミュニティセンターなど、様々な文脈や環境においてマインドフルネスを教える際のニュアンスを検討します。

    * 注意:レベル2~5を受講するためには、まずレベル1を修了する必要があります。各レベルは順番に受講する必要があります。

レベル2のトピック
  • 練習、トレーニング、そして他の人への指導に関する目標と願望を明確にする。
  • 瞑想を教える際に、個人的な練習が果たす役割を理解する。
  • 実践における進歩の兆候を見極める
  • 自分が何を知っていて、何を知らないかを知る。教師として正直で謙虚であり続けること
  • 教師としての継続的な自己評価とピアフィードバックを取り入れること
  • 練習中のスペースを確保する
  • 生徒の知性を信頼し、生徒自身の知恵と洞察力を経験させる。
  • 伝えるべきことの微妙なニュアンスを聞き出すために、ディープリスニングのエクササイズを取り入れる。
  • 効果的なグループディスカッションをリードする
  • 生徒が行き詰まったとき。よくある問題やよくある質問に対処する

レベル3-プライベートセッション
2023年3月11日(土)~3月12日(日)開催

両日とも10:00AM~6:00PM

このトレーニングのセグメントでは、個人の生徒に瞑想を提示するための核となる原則と巧みな手段を紹介し、1対1の環境における倫理的ガイドラインを探ります。

少人数のグループセッションで、マインドフルネス瞑想の指導を行い、初期の個人クラスのシミュレーションを指導します。

 

レベル3のトピック
  • 適切で、思いやりのある、責任ある方法で生徒に対応する。
  • メディテーションの指導者の役割をセラピストと明確に区別する。
  • 生徒の知性を尊重し、発見のための余地を残す
  • 生徒を知ること
  • 潜在的な身体的状態、トラウマや精神的な問題の歴史に留意すること
  • モダリティを混ぜる
  • 生徒と教師の間に快適な境界線を作る
  • パワーダイナミクスを意識するQ&Aをリードし、生徒がサポートされていると感じ、テクニックを理解していることを確認する

レベル4-ダルマ・トークのプレゼンテーション
2023年4月8日(土)~4月9日(日)開催

両日とも10:00AM~5:00PM

練習と指導の基礎をしっかりと固めた上で、レベル4では、ダルマ・トークのプレゼンテーションの基礎を探究していきます。

ダルマトークを行うことは、ダルマ(物事のありのままの姿)に対する理解を深める方法の一つであり、自分自身や他人に対する明晰さ、洞察力、慈悲を巧みに身につけるための方法論でもあるのです。

参加者それぞれのバックグラウンド、経験、興味の多様性から、このトレーニングでは、特定のカリキュラムに沿ったトピックを規定するのではなく、あなたやあなたの生徒にとって適切で有意義なダルマのトピックを選ぶ方法と、それを他の人に上手に、効果的に紹介する方法についての公式と方法論を提示します。

講義、ディスカッション、ガイド付き練習、分科会、そして体験的な練習を通して、以下のことができるようになります。

  • 効果的なダーマ・トークの順序、流れ、ガイドライン、原則を学びます。
  • 「見解」を深めることの重要性とそれを提示する方法を理解する。
  • マインドフルネス瞑想の実践とダルマ・トークの原則を統合する方法を学びます。
  • グループでのダルマ・トークのプレゼンテーションの実践


レベル4のトピック
  • 練習、トレーニング、そして他の人への指導に関する目標と願望を明確にする。
  • Ground/Path/Fruitionの枠組みを使って話を構成する
  • メタファーとアナロジーを使った法話
  • 自分のことを語らずに、個人的な話や経験を取り入れる
  • 他の先生の言葉や内容を参考にする方法とタイミングを学ぶ
  • 教師として自分の席に着く
  • 初心者の心を保ち、コミュニケーションを円滑にする。
  • 自分自身の経験から話す。
  • スペースとゆとりを培う
  • 教えを体現し、教師としての信頼と自信を作る。
  • 学習と実践を進化させるための目標を知り、その目標を達成するための障害物を特定する。

レベル5-練習の締めくくりとクロージングセレモニー
2023年4月29日(土)~4
月30日(日)開催

両日とも10:00AM~5:00PM

このパートでは、あなたの教えの実践をどのように世に出していくかに焦点を当てます。プログラム全体の最終レビューとまとめがあり、また瞑想を教えるビジネスと教師の倫理と巧みな手段を理解するためのプレゼンテーションがあります。

参加者それぞれのバックグラウンド、経験、興味の多様性から、このトレーニングでは、特定のカリキュラムに沿ったトピックを規定するのではなく、あなたやあなたの生徒にとって適切で有意義なダルマのトピックを選ぶ方法と、それを他の人に上手に、効果的に紹介する方法についての公式と方法論を提示します。

講義、ディスカッション、ガイド付き練習、分科会、そして体験的な練習を通して、以下のことができるようになります。

  • コースの全教材を復習する
  • 教師の倫理を理解し、議論する
  • 瞑想を教えるためのビジネス原則を学ぶ
  • 修了証書授与式とグループ祝賀会

レベル5のトピック
  • すべての人を歓迎する空間づくり
  • 守秘義務を守る
  • 生徒が自分の心と経験の未知の部分を探求するために、安全でサポートされていると感じるよう手助けをする
  • 自分自身の経験を中心に置き、求められないアドバイスやフィードバックを提供しないこと
  • 背景、経験、興味、価値観の違いを認識する。
  • 倫理的な教室の境界線を作る
  • 優しさと好奇心をもって、何が起こっても受け入れる。
  • 経験における3つの "ゾーン" 課題に対処する
  • 継続的なプロフェッショナルの育成
  • 友人や家族に教える
  • 企業/フィットネス/教育/健康&ウェルネス環境での指導
  • ブランドとプラットフォームを発展させるためのビジネススキルの育成

Practice
グループ・プラクティス・セッション

2月25日(日)10:00AM-1:00PM
3月25日(日)10:00AM-1:00PM
4月23日(日)2:30PM-6:00PM

私たちの個人的な練習は、常に他の人に教えるための基礎となるものです。

マインドフルネスの実践を深く個人的に理解するためには、長時間の瞑想の練習に参加することが必要であります。

このような長時間の練習は、時に困難ではありますが、生徒をより効果的に理解し指導するのに役立ちます。

これらのグループ瞑想会は、資格取得のために必要なものです。

Program Director

デイビッド・ニックターンは、チョギャム・トゥルンパ・リンポチェの系譜に連なるシニアティーチャーです。この伝統は、瞑想への現代的で世俗的なアプローチと、チベット仏教の古来の修行と哲学を融合させたものです。

また、エミー賞を4回受賞、グラミー賞に2回ノミネートされ、40年以上にわたり精神修養と日常生活を統合してきた成功した企業家でもあります。

著書に『Awakening From The Daydream; Re-imaging The Buddha's Wheel of Life and Creativity Spirituality and Making A Buck』(ウィズダム出版)がある。

デイビッド・ニックターンについて

About the Teacher

河津祐貴(かわづすけたか)
Dhamra Moon認定指導者

True Nature Meditationのファウンダーであり、NY Dharma moonの認定講師でもある。デイビッド・ニックターンの元で長年にわたって学んでいる瞑想家でもある。2015年よりデイビッドとともにTrue Nature Meditationを創設しプログラム開発を行う。現在では指導者の育成に当たる傍ら、企業のウェルビーイングプログラムのディレクターや、講演会などでのゲストスピーカーとしても活躍中。瞑想について分かり易く解説しているblog『まいにちメディテーション』も人気。

河津祐貴について

 Teaching Team 

門廻 慎一

宮﨑 央桂

塩本 悠美

常住 園美

中川 さほ

“参加者の声”

"このプログラムは信じられないほど素晴らしいものでした。何年も瞑想を学び、ヨガの先生をしている私にとって、このプログラムは瞑想を教えるために必要なツールを提供し、私自身の練習を深めてくれました。"

"私がこのプログラムに来たのは、大幅なキャリア転換を図りたいからです。私はすでに(副業として)瞑想のプラットフォームを持っていましたが、この資格は私に、そのプラットフォームを私の人生の中心に移動させるインスピレーションを与えてくれました。”

"数年前に別のオンラインティーチャートレーニングを受けたことがありますが、このプログラムとは比べものになりません。このプログラムはとても質が高いです。よくできています。”

"瞑想を教えるという目標を共有する多くの人たちとの出会いは、有意義な体験でした。サンガというものを初めて経験しました。それはさておき、瞑想の先生として確立されました。これは、私のキャリアパスをあるべき姿に方向転換させるための重要な第一歩です。”

多様性と包括性


True Nature Meditationは、多様性、公平性、包括性の文化を育み、培い、維持することを約束します。このトレーニングや私たちのすべての行動において、私たちは、あらゆる経歴、民族、性自認や表現、年齢の違い、肌の色、障害、民族性、家族・婚姻状況、言語、国籍、身体・精神能力、所属政党、人種、宗教、性的指向、退役軍人の有無、その他私たちをユニークにしている資質を持つ人たちを歓迎しています。

HAVE QUESTIONS?


私たちがお手伝いします!
プログラム、True Nature Meditationについてご質問は、お気軽に下記までメールをお送りください。
お問い合わせはこちら